cratoko_blog[クラトコブログ]

クラトコ vol.9 2017.11.12-13 常滑、大曽公園の小さな森での屋外展示。

身障者駐車場のお知らせ



クラトコでは体の不自由な方のための身障者専用駐車場を用意しています。
クラトコ会場のすぐ横の砂利道に車を止めていただけます。


会場につきましたら砂利道の入口にコーンがあり通行止めになっていますが、そこに看板がかかっていて、担当者の電話番号が書いてありますので電話してください。
入口を開けに行きます。

クラトコ会場横の砂利道が解らない場合は一般駐車場に警備員さんが立っていますので、お尋ねください。

昨年は警備員に聞いたが解らないと言われ、普通に駐車して会場まで歩かれたお客様がいらっしゃいました。
今年はその様な事が無いように朝に警備員さんに申し送りしていただきますが、伝わらない事もあるかと思います。事前に日にちと時間を教えて頂けるお客様はこちらにメールしてください。jyorin_sakiko@yahoo.co.jp
(こちらのアドレスでの受け付けは11月8日までです)

注意
利用するには必ず担当者まで電話をしてください。入口を閉じておかないと一般の車が入ってきて、事故や混乱を避けるためです。ご協力をお願いします。

妊婦の方は利用できません。

クラトコの会場は森の中で起伏があります。
落ち葉で地面が柔らかくなっています。


一般のお客様は身障者駐車場入り口のコーンの前に駐車しないようお願いいたします。


風と土

常滑焼芋
続きを読む

森の中で、素敵な音楽を

さかのしたさん1

今年は10周年のクラトコ。
大勢のゲスト作家さんの出展と共に、今回音楽でのゲストさんも参加してくださる事になりました。
坂ノ下典正さん。

1976年生まれ。
音楽の基礎にと、幼少時からピアノの習得を勧められる。
高校でクラシックギターに触れ、セゴビアやタレガなどの近代音楽に傾倒。
大学時にジャズや即興音楽に触れ、ライブ活動を開始。
卒業後拠点を東京に移し、ジャズ、ボサノヴァ、即興、映像や絵画とのコラボレーション等、多種多様なジャンルで活動中。
東京アートシーンで活動中の"Echostics"名義では、作曲・アレンジを担当。
雑誌"ecocolo"主催の"WordsGarden",
Art Re-public Tokyo主催の"創造公園渋谷”など、
多数アート系イベントに参加。
現在、都内に留まらず全国各地で演奏活動を展開中。
———–
“Someone’s Garden Records"より、
ソロ・ギター作品、"Actual Relief (‘09)“, “Meditation(‘10)”, “Horizon(‘13)”
Echostics名義で"Someone’s Garden(‘11)“をリリース。
“Weiss"より、
2016年4月 “都市の目覚め"をリリース。
———–
Sound of Kula、haruka nakamura LABO、松村拓海Duoプロジェクト、n_umaとの共同作品など、多数レコーディングセッションに参加。
TVやFMで楽曲が取り上げられるなど、注目を集めている。
———–

(HPよりご紹介させて頂きました)
演奏予定は、
10日:11時~12時・13時~14時・15時~16時
11日:10時~11時・12時~13時・14時~15時
の、各日3回を予定してくださっています。
そして当日はCDの販売もあります!
天候などの都合により変更する場合もございますが、
森の中での心地良いギターの音色を、どうぞお楽しみに!

坂ノ下典正さんのHPはこちらをご覧ください→

山下 透

昨年から出展させていただいている「クラトコ」。

記念になる第10回に参加させていただけることに感謝しながら、僕自身も満喫したいと思っています。

yamasita

南部恭子

プロフィール

cratoko

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ